いつでも、誰でも始められるのが「市民活動」です。
地域で困っていることや必要とされていることを、誰かに言われてやるのではなく、 また、誰かに頼ったりせずに、
そのことに気がついたり、なんとかしたいと感じた人たちが集まって、お金も、知恵も、労力も出して自分でやろうと
決めて取り組むことを市民活動といいます。
 例:地域の自然保護、お年寄りや子ども達を守ることなど
ただし、個人の趣味的な活動や、構成員の福利厚生などの利益追求として行う共益的・互助的な活動は市民活動に含まれません。
市民活動グループと趣味・サークルグループとの区分けは明確ではありませんが、会員以外の人たちに、活動を披露したり、会員を広く募集するなど活動の輪を広げ、社会との関わりを深めることにより、市民活動へと発展していきます。

特徴
・   宗教活動や政治活動などは除く
・   非営利で行っていること
・   不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与するもの
・   市民に対し開かれた活動であること
・   民間団体であること 



 NPOとは… N→Non(非)
         P→Profit(営利)
         O→Organization(団体)の略で利益を目的としない団体(民間非営利団体)
特徴
 ・ 民間団体であること
 ・ 組織的な活動であること
   (組織的とは事務所が存在し、会則が決まっていたりや定期的に会を開いていることなど)
 ・ 非営利であること



 非営利とは「全く収益を出さない」というわけではなく
活動で得た収益を団体の来年度予算などにあてて、団体の維持費として活用されることをいいます。
なので、活動によって団体に関係している“人”が利益を得るということではありません。(こちらは営利になります) 

ボランティアとNPOの違い

 ボランティア活動の特徴である「無報酬性」とNPOの「非営利性」とは別のものです。

非営利性:団体の活動により収入を得ても、活動経費や管理費などに費消し、お金が残ってもそれをメンバーに
       分配しないことをいいます。
無報酬性:個人が働いた対価としてお金(報酬)をもらわないことを意味します。