もともとはラテン語で“voluntar”(ボランタール)といって「志願者」「有志者」という意味があります。
現在では大人も子どもも高齢者も障がい者も共に学んで、一緒に成長していく活動も増えている。 

ボランティアの4原則

・   自主性→ 自分から「やりたい」と思って行動したり、初めは興味がなくても続けていくうちに興味をもって続けていくこと。

・   社会性→ ボランティア活動を通じて地域社会に影響を与えること。

・   無報酬→ ほとんど対価を受け取らないこと。(中には有償のボランティアも存在します。)

・   先駆性→ 地域の住民が自発的に活動を起こすこと。


ボランティアの心構え

@   無理なことはしないで自分のできることからはじめよう

A   相手の立場になって行動すること

B   あいさつや時間、約束は守りましょう

C   見返りを求めず、自分が学ぶ気持ちでやりましょう

D   ボランティアで得たプライバシーに関わる情報などは守秘義務があります

E   活動は積極的に、でも謙虚な気持ちも忘れずに

F   周囲の人たちの理解と協力も必要です